2015年 11月 03日

忠犬「茶々」逝く。。。

物悲しいことですが、昨日の夜、
愛犬「茶々」が亡くなりました。。
d0192990_23395436.jpg

15年前、役場で確保されていた野良犬の中から、ひょんなことからわが家にやってくることになり、
以来、家族の一員として過ごしてきました。
途中、雷に驚き、家を飛び出したきり2週間放浪の旅をし、
奇跡的に心よい方に救われたうえ、わが家へ舞い戻ってきたということもありました。

性格は、人間でいうツンデレ(笑)。
基本的には無口。面白いほどに言葉が解り、その反応も基本的に素直。
でも、自己主張がハッキリしていて、気に入らないと、例え家族であっても無視。(;´▽`A``
嫌いな言葉は「留守番」。家族がいないと、居留守を使います。(爆)

そんな茶々でしたが、この春先に、お腹に10cm大の腫瘍が見つかりました。
かかりつけの獣医の先生に、「年齢を考慮したら、手術するほうがリスクが高い。」と言われ、
じっくりと自宅で過ごしてきました。
ここ数日、急に呼吸が荒くなり、昨日、ワタシがちょっと外出した直後に急逝してしまいました。

覚悟はしていたとはいえ、やはり寂しいですね。
普段から必ずお出かけとお迎えはしてくれてましたし、
急にいなくなってしまうと、ポンっと抜けたような感じになってしまいます。

本日、ワタシは仕事でしたが、家族みんなで火葬で送り出してあげました。
ワタシだけでなく、家族全員同じ想いだと思います。
特に、息子は、年齢的にもほぼ同じ。。こういう別れ方ははじめてなので、なおさらかも。。

後は、茶々の冥福を願って・・・。合掌
[PR]

by sadabo374 | 2015-11-03 23:53 | 雑記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sadabo374.exblog.jp/tb/22451432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by slowhanded at 2015-11-08 20:22
長年いっしょに暮らした愛犬の死を迎えるのは実に辛く
悲しいことをslowも数年前に経験しました。

最後までsadabo家にいられたことをきっと幸せに感じな
がら虹の橋を渡っていったことでしょう。

愛犬茶々ちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。



 slowhanded
Commented by sadabo374 at 2015-11-10 08:11
slowさん

ありがとうございます。
茶々としても、充分に楽しんだ人生(犬生?)だったと思います。
すでに1週間たったんですよね~。(-o-;
なんかあっという間すぎますね。。


<< Run&Walk・・・その後。      スポーツフェスティバルSHOWA >>